売掛金を運転資金に回せる!リスクの少ないファクタリングサービス

factoring

ファクタリング契約で掛目と手数料の違いを理解しよう!

ファクタリング会社へ、売掛金を売買譲渡する場合、手数料が掛かります。数%から10%ほどが相場と言われているものの、実際に取引すると20%から30%の金額が差し引かれ入金されています。ここで重要なのが20%から30%は掛目であるかどうかです。掛目の場合、保留金として扱われ、ファクタリング会社への支払が完了後、返金されることになります。ですが、掛目と記載しながら返金しないファクタリング会社は悪徳会社と言えます。
一方、掛目の記載が無く、手数料が初めから20%から30%という場合は明らかに悪質なファクタリング会社と判断できるため、契約を避ける必要があります。そのため、悪質なファクタリング会社に騙されないため、そして掛目で発生している保留金の返金忘れを防止する必要があります。
どちらも、契約前に複数社分の見積もりを行い、契約内容や手数料に乖離がある会社は除外することが重要です。また、見積内容に明確な記載がないものの、排除することがポイントです。少なくとも、契約前に掛目が何%なのか、保留金はどうなるのか確認し、契約書に盛り込みを要望することが重要です。聞くだけでは、証拠が残りません。そのため、掛目や手数料の数字マジックで騙されないように自己防衛が肝心です。