売掛金を運転資金に回せる!リスクの少ないファクタリングサービス

factoring

3社間ファクタリングが断られる要因は?

ファクタリングにより、売掛金を売買し資金調達する方法は、金融機関からつなぎ融資を受けるまでのスポット的なものとしてはメリットがあります。ですがファクタリングでは高い手数料が掛かるため、少しでも手数料の低い、3社間ファクタリングを選択する方が無難です。しかし、3社間ファクタリングは相手先からの信用度の低下という問題があり、資金繰りが悪いことが問題と考えてしまいます。
資金繰りの問題以外に、ファクタリング会社自体の信用の問題があります。売掛先でも取引先を選ぶ権利があります。調査した結果、悪徳もしくはヤミ金融、反社会的勢力との関係が疑われる場合、反社会的勢力の排除条項やコンプライアンス遵守によりファクタリング自体が否決される可能性があります。
また、取引先自体が怪しいファクタリング会社と取引していると判断されれば、その後の取引自体も停止になってしまいます。企業では相手先の信用状況の判断、契約内容の精査を行っているため、ファクタリング会社の契約先は重要になります。単に資金繰りだけで関係が悪化するよりも、それ以外の問題についてもリスク評価を行った上でファクタリングを利用することが重要になります。特に帝国データバンクなどで確認出来ない、もしくは評価が低いファクタリング会社は3社間ファクタリングを断られる要因となります。